仙台駅東口から徒歩10分の歯医者さん。仙台ハッピーデンタルの院長の小松です!

虫歯予防に有効な方法の一つとして、フッ素の活用があります。

フッ素には、歯垢の細菌の活動を抑え、酸が作られるのを抑制する。歯質を強化する。など、虫歯の発生、進行を防ぐ作用があります。

また、フッ素の活用により、初期虫歯を健康な状態に戻す再石灰化作用が促進できることがわかっています。

一方、予防歯科先進国のスウエーデンをはじめとする諸外国では、歯磨きなどに配合するフッ素濃度は国際基準を採用しており、上限濃度は、1500ppmです。

日本では2017年3月に、国際基準と同様にフッ素が1500ppmを上限として配合された歯磨き粉の販売が認められました。(今までは1000ppmが上限でした)

歯科専売品のケア剤も来月から新しい基準のもとで発売が決まっていますので、仙台ハッピーデンタルもどんどん新基準のケア剤を処方して、より虫歯予防に努めていきます!!