こんにちわ!!
仙台駅東口徒歩10分の歯医者さん仙台ハッピーデンタルのスタッフゆーりです!!
今日は、口内炎についてお話しますね😊

 

口内炎はどうしたら治るの??

 

images-12

 

口内炎を発症してしまう原因は

・免疫力の低下

・栄養不足・偏食による鉄分やビタミン不足(ビタミンB2)

・睡眠不足・ストレス・疲労

・唾液の不足・口腔乾燥

・噛み合わせ・歯ブラシ・矯正装置などによる粘膜への刺激

・口腔内の不衛生、プラークの付着した入れ歯の不衛生など

 

 

口の中は皮膚と何が違うのか??

口内炎も特殊薬がないので基本的には自然治癒でも良いと思います。

しかし、口内炎において1つ違う点は、口の中の特殊性です!皮膚とは何が違うのかというと??

 

それは、口の中に数十億匹の細菌がいることです!!!その細菌は常在菌と呼ばれます。

そのため、その細菌が入り込んだ傷が炎症を起こし口内炎になってしまいます!!

 

ここで大事なのが、“唾液”の役割です!!

唾液が減ると口の中が乾燥してしまい、細菌が繁殖しやすくなってしまい口内炎になりやすくなってしまいます。

 

 

“口の中の殺菌”こそが口内炎におすすめ!!!

図1

 

食塩水・洗口液(3種類)・うがい薬を使っての細菌調査によると…

まず、念入りに20秒のうがいを3回しました。

結果、殺菌成分の入った洗口液3種とうがい薬は10分の1まで細菌を減らすことができ、3時間持続することが分かりました☺!!

洗口液よりもうがい薬の方が若干効果が強かったようです。

 

うがい薬・洗口液は予防にも有効という報告もあります!!

うがいをして、お口の中の乾燥を防ぐ!お口の中の細菌数を減らすことが大切です!!!

塗り薬を塗る場合も、一度“うがい”をしてから塗ることをおすすめします!!!

 

 

口内炎にはビタミン剤は効かない??

bitamin

口内炎の飲み薬はビタミンB2が多いようなのですが、専門家によると…

ビタミンB2不足で口内炎になる割合は全体の10~20%程度だろうというところです。

つまり、それ以外の80~90%の口内炎の人にはビタミン摂取は効果がない!!!

もちろんビタミンB2不足で発症した人には効果があります☺!!