こんにちは。  仙台ハッピーデンタルの院長の小松です。

8月13日をもって既存の診療所での診療が終了しました。

1年と10ヶ月。

あっという間、では決してありませんでした。

色々なことがありすぎて、全然まとめることができませんが、1つ書くとすると、

それは人と人の縁。

人の優しさ。

に包まれた時間でした。

困った時には誰かが手を差し伸べて助けてくれて、

疲れてきた時は、誰かが顔を出しに来て元気をくれる

1人、また1人   仲間と呼べる人たちが増えていきました

常に考えていたのは、みんなが楽しいこと

自分が楽しくなければ、スタッフは楽しくはなれない。

スタッフが楽しくなければ患者さんは幸せにはなれない。

今でもそうですが、医療はミスが許されない仕事で適当にできるものではない
大変な仕事である代わりに、とてもやりがいのある仕事です。

ただ、やりがいを感じるためには、

まずその事柄を楽しむこと。

楽しみ、前向きにとらえて取り組む。

その先に感謝が生まれ、満足を経て、やがてやりがいが生まれる。

私の仕事は、スタッフが楽しんで仕事をするサポートをする。地域の皆さんが豊かな生活を送るサポートをする。そんな場所を作ることなんだと考え、実行してきた期間でした。

地域のことを考え、スタッフのことを考え、できることを1つ1つ取り組んでいく中、やはり自分1人でできる内容には限界があること、1人でできる範囲はすごく小さく、描いている風景には遠く及ばないことを実感しました。

そう感じていると、

1人また1人。自然と人が集まってきて、

みんなで力を合わせて同じベクトルに向かって仕事ができれば

その先にはどれだけでも可能性は広がっていき、

なんでもできる。やれる。

自分でできることは必死に取り組み、

あとは助けてもらい、協力して、支え合って。

教え子がチームに加わったり

共に仕事をしていた方がチームに加わったり

バイトの子達がみんなそのままチームに入ることになったり

本当に人に助けてもらった

人の縁を感じた1年10ヶ月でした。

今からまた、がむしゃらに前に進み続けることを楽しみます。

今までの出会いを大切にし、これからの出会いを楽しみに新しいスタートの準備をしていこうと思います。

1年10ヶ月

本当にありがとうございました。