こんにちわ!
仙台駅東口、徒歩10分の歯医者さん仙台ハッピーデンタルのスタッフゆーりです!!
今日はガムのトレーニングについてお話しします😊

 

 

舌のトレーニング「ガムトレーニング」!!!

舌がどのように機能しているかを目で見ることはできないので、ガムを使います。

ガムの形により舌の運動を、ガムの厚みにより舌の筋力を判断します。

ガムトレーニングでできること!!

①「舌の機能」チェック

②「片かみ」を治し、「かむ力」をつける

③「舌の筋力」をつける

④「飲みこみ方」の訓練

2

 

*片かみ

左右のどちらかで噛む癖のこと。偏り過ぎると、歯並び・顎・筋肉のバランスが崩れます。

*飲みこみ方

食べる時にいつも舌が口からでる場合は、悪い「飲みこみ方」をしている場合があります。舌はいつも口からでている事が続くと、舌が歯を押すことにより、歯と歯の間に隙間ができたり、上と下の前歯が閉じなくなったりします。

3

ガムトレーニング手順!!

①ガムを左右の歯で均等に噛みます。

どちらかが噛みにくい場合、噛みにくい方で噛む練習をしましょう!!

(片がみを治し、かむ力をつける)

 

②ボール状に舌の上で丸めます。

(舌の動きをよくする)

 

③舌の中央にガムをのせ、そのまま上顎の中央に「ぎゅーっ」と3秒間押しつけて薄く
広げます。円形が理想です。(舌の筋力をつける)
ただし一回で行い、何度も舌で押しつけたりしてはいけません。

 

④舌でガムを上顎に押し付けたまま、「ごっくん」とつばを飲みこみましょう!
正しい飲みこみ時には舌は芋虫のような動きをして、ガムはのどに向かって三角形に
流れます。(飲みこみ方の練習)

4

 

これらを1日3分間以上繰り返しましょう!!!

これが、「できない」場合は、舌の機能が足りません!!

まずはできるようにトレーニングしましょう!!!

 

*舌の機能が足りない例
5