しっかり噛むことと食事中の飲み物には密接な関係があります。

食事中に、食卓に飲み物を置いていませんか?と尋ねると、お茶を置いていますが、それが何か?と不思議そうな顔をするお母さん方が結構おられます。

食事中に飲み物があると、あまり噛まずに流し込んでしまう癖がついてしまいやすいのです。そう言われてみると、頻繁にお茶を飲んでいます。あまり噛んでいないようです。と驚かれます。

歯並びから少し外れますが、他にも紹介しておきたいメリットが細菌の繁殖を抑える作用です。
唾液中には免疫物質や抗菌物質が含まれており、食べ物に病原菌が存在した場合でも、しっかり噛むことで、感染を食い止めることができるのです。

太平洋戦争終結直後、劣悪な衛生環境の収容所で、帰国を待つ兵士たちの間にコレラが蔓延しそうになったことがあったそうです。
その際、ある軍医が食事はよく噛んで食べ、食後20分は水分を取らない。ことを提唱、全員が守り抜いた結果、全員無事に帰国できたそうです。
唾液としっかり噛むことが、感染から兵士を守った例とされています。万が一、学校給食でO-157が入り込んだとしてもよく噛めば、感染を防げる可能性もあるのです。

日頃からよく噛んで食べる習慣のある子供と、飲み物で流し込んで食べている子供とでは、感染の状況が異なるかもしれません。

他にも、しっかり噛んで食べることでメタボリックシンドロームが改善される、脳の働きが改善される、精神を安定させるといった報告もあります。食事中の飲み物をやめ、しっかり噛み、唾液の作用を十分に生かす食事をしましょう♫